風力発電よりも普及してほしい!太陽光発電

太陽光発電はエコで無害

エコエネルギーというと、太陽光発電や風力発電が有名ですが、風力発電は本当にエコかどうか迷うところです。低周波で、健康被害を受けている人が多いからです。風力発電の先進国はデンマークですが、低周波で苦しむ人が多いため、人家から離れた場所で風力発電してますね。洋上風力発電というわけです。遠い洋上ならいいでしょうが、日本では低周波への配慮がデンマークほどなされるかどうか定かではないので、無害でエコな太陽光発電に期待したいですね。

買取価格は下がってもいい

太陽光発電はスペインでもドイツでも失敗した、とよく言われてますけど、それは買取価格が高かったためであって、太陽光発電自体が風力発電のように、害を引き起こしたというわけではありません。発展途上国では、太陽光発電は最も安価な発電手段として利用されています。方法自体はいいんですから、下火になることなく、普及していってほしいものです。買取価格が下がるのは仕方がないでしょう。太陽光パネルの値段も下がっているのですから。

電気を使う企業に協力要請

電卓を太陽光エネルギーで使っていると、こんなに簡単なことなのに、どうして普及しないで、大掛かりで危険な施設をつくるんだろうと疑問になりますね。企業が必要とする電気がそれでは賄えないから、ということであれば、電力消費量の多い企業には、一定割合で太陽光発電をするように要請したらどうでしょう。買取価格が下がると、一般家庭は損失をこうむりますが、企業なら自分でつくって自分で消費するのだから関係ないでしょう。

太陽光発電は、自然界に優しいエネルギーの発電方法として世界各国で推奨されており、具体的な発電の仕組みやコストなどを把握することが重要です。