BCP対策として出来ることについてのこと

企業としては備蓄をすること

企業として様々なリスクに対して備えておくのは当たり前であると言えるでしょう。そうしたことをBCP対策といいます。これは災害や大きな事故、或いはテロなども含めて、そうしたリスクに備えることを言うのです。すぐに経営を再開できるようにしたり、現在の業務を滞らせない、停止させない、ということを計画しているといえます。これによってはっきりいって、かなり費用がかかってしまうのですが、それでも十分にやる価値はあるのです。

備えておくべきものとしては

備蓄しておくものとしては、なんといっても経営資源です。つまりは、資材であったりシステムなどであり、これをとにかく守る、或いは再起動させることができるような状態にする必要があるといえます。そうした計画を立てることこそがBCP対策になります。リスクとしては決して高くない事に対して、かなりの費用を投じることになりますから、なかなか企業は充実したBCP対策ができないのも確かです。こればっかりは仕方ないことでもあります。

国が推奨していることでもあります

国がBCP対策をするように働きかけています。特に国際的な情勢としてテロも増えていますから、出来るだけすぐに経営が再開できて、経済活動に復帰できるような体制を作っておいて欲しいのです。それこそがとても大事なことではあるのですが、如何せん、費用がかかりすぎます。例えばデータのバックアップに関してだけでも相当な人的なコスト、金銭的なコストがかかることになりますから、企業としてはあまりやりたくないのが実情なのです。

BCP対策は、企業が緊急事態発生時にも被害を最小限に抑え、事業の継続させる事です。事前の対策として、従業員の避難場所の確認や施設の耐震化などが有効です。